calendar clock down facebook facebook2 mail map-maker next phone pinterest prev search twitter up instagram

STAFF BLOG

BALL

頑健(タフ)! サブマリン ウォーフェア クロノグラフ セラミック!

中島 大志

こんにちわ!

 

 

今冬はいつになく暖かく外出が苦になりませんね。

いつもなら寒くて引きこもっているはずなのですが…

 

 

 

 

そんなひ弱な私とは違って丈夫な時計は沢山あります!

 

 

 

 

その内のひとつ

 

ボールウォッチ「サブマリン・ウォーフェア・クロノグラフ・セラミック」

 

を今回ご紹介します!

 

 

 

 

 

SUBMARINE WARFARE CHRONOGRAPH CERAMIC 295,000円(税別) DC2236A-SJ-BK

 

 

 

この見た目からすでに頑丈さを感じますね!

 

 

 

ボールウォッチは創立当初の鉄道員がタフに扱うというコンセプトから

頑健さに重きを置いて製作されています。

 

 

 

 

そのための内部機構に独自の技術を使用しているところも興味深いです。

内部機構に関しては以下のブログに載せています。

「祝ハイドロカーボン生誕15周年!!」(←こちらをクリック)

 

 

 

深海の過酷さやその環境をイメージし「サブマリンフォーウェア(潜水艦戦)」という

名がつけられています。

このモデルはそのイメージを征服するにふさわしい頑強なデザインを手に入れました。

 

 

 

 

文字盤のブラックとセラミック製ベゼルのブラックのコンビネーションが美しく

セラミックの硬さが、堅牢なデザイン性に色彩的な説得力を持たせているように感じます。

 

 

 

 

ケース内にはご存知自発光マイクロガスライトのチューブがちりばめられ

視認性を存分に発揮しています。インデックスバーの上に

ガスライトのチューブが乗り、明かりを取り囲む光沢の枠が

備わることで高級感をも際立たせることに一役買っていますね。

 

 

 

 

 

ケースの裏には潜水艦戦の名から、アメリカ海軍の「ネイビーサブマリンドルフィン」の

徽章があしらわれています。(モチーフはイルカなんですが、鱗があります。

デザイン性を高めるためだそうです。)

 

 

 

 

 

 

リューズのねじ込み不全を防ぐための「セーフティロック・クラウンシステム」は

人類の時計が深海を克服するための装置の一つとなってくれそうです。

 

 

 

タフさという面において、実用性とデザインがこれほど合致する装置もないでしょう。

これだけでもそそられてしまいます。たまらないですね。

 

 

 

 

耐磁性・耐衝撃性ともに高く丈夫な時計を身につけたい方!

是非当店へお越し頂きご覧になって下さいませ!

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ ボールウォッチも沢山展示しますよ!是非ご来場下さい!

 

 

 

 

 

Monthly Archive

MENU

SEARCH