calendar clock down facebook facebook2 mail map-maker next phone pinterest prev search twitter up

ZENITH

ZENITH

1865年ジョルジュ・ファーヴル=ジャコがル・ロックルに時計工場を設立。1900年の万博に新型懐中時計用ムーブメント「ゼニス」を出品し、金賞を獲得した。日本では昭和初期国鉄に懐中時計が正式採用され「ゼニット」として親しまれ愛用された。1940年代にはクロノメーター級の高精度を持った腕時計用のキャリバー135などの傑作ムーブメントを開発。 1969年に自動巻きクロノグラフ、エル・プリメロを開発するが、クォーツショックにより経営危機に陥り、アメリカの企業により買収された。一時は機械式時計の製造を停止しエル・プリメロの図面や金型の破棄を命じられが、当時の技術者シャルル・ベルモは命令に反して実際には破棄せず、図面や金型を靴箱にしまった上、工場の屋根裏などに隠蔽した。1978年に再びスイス資本に復帰し機械式時計の製造を復活させた。その後は、エル・プリメロとエリートを搭載する時計をラインナップし、幅広いモデル展開を広めている。

LINE UP

MENU

SEARCH