calendar clock down facebook facebook2 mail map-maker next phone pinterest prev search twitter up instagram

取締役 BLOG

宮本 泰成

ワード オブ ザ イヤー

宮本 泰成

流行語大賞や今年の漢字など

言葉の世界だけのことではありませんが

この時期になると

なにかとこの一年を振り返ることが多くなります。

 

私が今年よく耳にした言葉

頭に残った言葉と言っても良いかも知れませんが

 

Sustainability(サステナビリティ)」

 

この言葉を最初に目にしたのは確か

環境保護に関する何かの記事だったと記憶しています。

 

意味は日本語で「持続可能性」

 

この言葉は次第に各方面でも使われはじめ

今は幅の広い意味合いで使われているように感じます。

まさに流行語が広がる時の本質ではないでしょうか。

 

「サステナビリティ(持続可能性)」

 

私は、この言葉が広く使われるようになった理由は、

「モノゴトは一方向に進み続けるものではない」

「コトが安定して循環するバランス位置を見つけよう」

 

今、なんとなくこう感じている人たちが結構居て、

この言葉の意味がしっくり胸に落ちた人もまた多く、自然と広まった。

のではないかと勝手に感じています。

 

 

モノにしても同様に、何か新しいモノが出たり開発されたりすれば売れるという時代ではありません。

真新しい発明ではなく、

ずっと使っていける為の「なにか」が施されているモノに価値を感じる時代と言いましょうか。

 

私たちの扱っているいわゆる高級時計には

その価値観や世界観は当然に盛り込まれて作られています。

「ひとつのものを長く使い続けることの愛着や楽しさを伝える」

これは当店がずっとテーマとしている事なのですが、

 

「サステナビリティ」

 

この言葉が今年流行った背景のほんの片隅に、

私たちの業界や、私どもベイシススピーシーズの価値観もあるのかなと

感じる次第です。

 

 

Monthly Archive

MENU

SEARCH