calendar clock down facebook facebook2 mail map-maker next phone pinterest prev search twitter up instagram

取締役 BLOG

GRAND SEIKO

あたらしいデザイン文法 “Series 9”

宮本 泰成

グランドセイコーから、

なかなか凄いモデル(SLGH005)が発表され、いまとてもワクワクしています。

 

《 光と陰の間の美「Series 9」》

日本の美意識を取り入れグランドセイコーのデザイナーが腕時計の本質を果てしなく追求し、

辿り着いた新しいデザイン文法が「シリーズ9」。

 

 

おそらく、通称「白樺モデル」と

呼ばれることになるのではないかと思われます。

岩手県や長野県は日本でも有数の白樺が群生する地域、

私たちの郷里にゆかりある時計と言っても良いでしょう。

 

 

ちなみにムーブメントこそ、このモデルの凄いところで、

今回、まったくもって新しいキャリバー(9SA5)が載っています。

新しい試みは多岐にわたりますが、

このムーブメントの開発に際して、

セイコーの最大のミッションは「薄型化」。

二番目はそれに付随しつつも別モノ課題と言ってよい「低重心化」。

これらにより「白樺モデル」は非常に高い装着性を実現しています。

 

 

発売は3月6日となりますが、

本日より長野ベイシススピーシーズにて受注を開始いたします。

非常に高い注目を浴びることになりそうです。

 

※このモデルの詳細はこちら

 

 

 

 

 

Monthly Archive

MENU

SEARCH